メリー喜多川と野獣先輩(田所浩二)

戦後日本文化の2大巨頭 その実像に迫る 日々ご訪問頂ければ幸いです!

2015年01月

1: φφマザーグースφφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/11/04(火)17:47:32 ID:???
前略)

■ひげを加えてヒトラー風に

問題視されているのは、1日に行われた「ドラム・レクチャー」だ。「イルコモンズ」名義で社会運動に参加している現代美術家で文化人類学者だという小田マサノリさんが企画した、ドラム演奏を教える催しだ。

ツイッターなどに出回っている画像をみると、このとき使われた一部ドラムのヘッド部分に安倍首相の白黒写真が貼り付けられている。
さらに鼻の下にひげが書き加えられ、ナチス・ドイツのアドルフ・ヒトラーをほうふつとさせるデザインになっている。レクチャーではこれを叩いて、ドラム演奏が教えられたようだ。

その様子を注目株の吉良氏が「ドラムレクチャーなう」などとして、ドラムの画像をツイッターに複数回投稿したため、瞬く間に拡散。

「首相を叩いて喜んでるんですか...もはや、完全に常軌を逸脱してる」
「品が無さ過ぎ。よく人にヘイトだ差別だと言えたもんだわ」
「国会の内外で『安倍叩き』で自己満足、まともな国民は支持していない」
などと「やりすぎ」だという意見が噴出した。

■党は「表現の自由」と問題視せず

吉良氏はドラムを叩いている写真は掲載していないが、これまで複数回、国政選挙に出馬したことがある池内さおり氏は「熱く盛り上がりました!これからも叩くぞー!!!」とドラムを肩にかけて叩く様子を投稿した。
周囲には笑顔の人がたくさん写っていることから、少なくとも現場で問題視する人はいなかったようだ。

2人のツイッターには、「こんなヘイトが共産党の世界では許されるのですか?」「幼稚な嫌がらせして楽しいの?」といったメッセージが送られているが、4日15時現在、ドラムについて言及はない。

党の広報部はJ-CASTの取材に対し、催しが波紋を広げていることはすでに知っているとした上で、「表現の自由」と問題視しない意向だ。
安倍首相をヒトラーになぞらえたことは「首相のネオナチ的な言動から、なぞらえる人がいるのは当然では」という見解を示した。

JCAST:全文を読む
http://www.j-cast.com/s/2014/11/04219973.html

引用元: ・【ヘイト】共産党が赤旗まつりで「安倍叩き」首相顔写真入りドラムを叩く…党は「表現の自由」と問題視せず[11/04]

続きを読む

1: 山梨◆bT6c9WIwLg 2015/01/04(日)23:47:02 ID:Azf
今日は政治的な目線でには違いませんが、
少しライトでポップな語り口で本問題を捉えてみましょう。
少し保守陣営には耳に痛い部分もあるかもしれません。

現在、ネット上は「サザン」が「反日である!」という議論で埋め尽くされている。
私は、実はこれが気にいらない。

日本人で、日本を愛すると言うのであれば。
椎名林檎こそを持ち上げるべきであり、

「サザン、ダメよー、ダメダメ」と言ってる場合ではなく
我々こそは「リンゴ、最高!りんごりんご!」となるべきだ。
「べきだ」と書いたが、これはあくまで個人的な私見ではあるのだけど。

つまり、マーケティングの話で
核は「電波芸者とアーティスト」の違いみたいな話なんだ。

>>2へ続く

引用元: ・【小坪しんや】サザン、反日ソングをNHKにて。椎名林檎「NIPPON」との比較。 [H27/1/5]

続きを読む

1: ◆sRJYpneS5Y 2015/01/01(木)16:38:00 ID:???
 天皇ご一家は1日、新年を迎えられた。天皇陛下は年頭にあたっての
所感を宮内庁を通じて文書で公表された。今年は戦後70年の節目に当た
ることから、「この機会に、満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に
学び、今後の日本のあり方を考えていくことが、今、極めて大切なこと
だと思っています」とつづられた。

 昨年は大雪や大雨、御嶽山の噴火により多くの人命が失われたことや、
東日本大震災から4度目の冬を迎えても原子力発電所事故の影響で地元
に戻れずにいる人々が多いことなども案じられた。そのうえで「それぞ
れの地域で人々が防災に関心を寄せ、地域を守っていくことが、いかに
重要かということを感じています」と記された。

 天皇、皇后両陛下は昨年、沖縄、長崎、広島の各県で戦没者を慰霊し、
今年は太平洋戦争の激戦地となったパラオ訪問が検討されている。

続き 日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO81505540R31C14A2CR8000/

引用元: ・【皇室】天皇陛下「歴史学ぶことが大切」 新年迎え所感 [H27/1/1]

続きを読む

↑このページのトップヘ