メリー喜多川と野獣先輩(田所浩二)

戦後日本文化の2大巨頭 その実像に迫る 日々ご訪問頂ければ幸いです!

カテゴリ: 歴史修正関連

1: ◆sRJYpneS5Y 2015/01/07(水)18:14:22 ID:???
2015年1月2日、韓国・中央日報によると、新作映画「アンブロークン(原題)」が
日本の愛国主義者らの反感を呼んでいることについて、監督のアンジェリーナ・ジ
ョリーが「日本国内の反発は気にしない」と述べた。

(略)これについて、アンジェリーナ・ジョリーは「この映画には美しいメッセー
ジが込められている。捕虜としてつらい時間を過ごしたルイスに敬意を表し、戦争
の苦痛を伝えたかった。日本国内の批判は気にしていない」などと語ったという。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「良いニュースだ。日本に行かれないなら、韓国に来ればいい。いつでも大歓迎!」

「かっこいい。映画が大ヒットしますように」

「日本人は都合悪いことがあるとすぐに『入国禁止だ』と騒ぎだす」

「だから日本は世界から嫌われるんだ」

「日本の嫌韓ブームがまた拡大するんじゃない?韓国人がアンジーにこの映画を製作するよう頼んだわけでもないのに」

「日本人は逃げていないで、現実を直視するべきだ」

「認めれば楽になるのに。なんでそんなに意地を張るの?」

全文 Yahoo!/Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150107-00000004-rcdc-cn

引用元: ・【話題】日本の上映禁止運動に、A・ジョリー「日本の反発は気にしない」=韓国ネット「嫌韓ブームがまた拡大?」「だから日本は嫌われる!」 [H27/1/7]

続きを読む

1: おためし移民φ(..)◆DjJBhUj2bdI6 2014/11/27(木)13:05:50 ID:GSG
■米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見さ れず…日本側の主張の強力な後押しに
2014.11.27 05:10

米政府がクリントン、ブッシュ両政権下で8年かけて実施したドイツと日本の戦争犯罪の大規模な再調査で、日本の慰安婦にかかわる戦争犯罪や「女性の組織的な奴隷化」の主張を裏づける米側の政府・軍の文書は一点も発見されなかったことが明らかとなった。戦時の米軍は慰安婦制度を日本国内の売春制度の単なる延長とみていたという。調査結果は、日本側の慰安婦問題での主張の強力な補強になることも期待される。

米政府の調査結果は「ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)米国議会あて最終報告」として、2007年4月にまとめられた。米側で提起されることはほとんどなかったが、慰安婦問題の分析を進める米国人ジャーナリスト、マイケル・ヨン氏とその調査班と産経新聞の取材により、慰安婦問題に関する調査結果部分の全容が確認された。

調査対象となった未公開や秘密の公式文書は計850万ページ。そのうち14万2千ページが日本の戦争犯罪にかかわる文書だった。

日本に関する文書の点検基準の一つとして「いわゆる慰安婦プログラム=日本軍統治地域女性の性的目的のための組織的奴隷化」にかかわる文書の発見と報告が指示されていた。だが、報告では日本の官憲による捕虜虐待や民間人殺傷の代表例が数十件列記されたが、慰安婦関連は皆無だった。
(以下略)(産経新聞)


↓全文は記事元でどうぞ。
http://www.sankei.com/world/news/141127/wor1411270003-n1.html

続きを読む

↑このページのトップヘ